カテゴリー: 解約する場合には

居住用の建物に住むための賃借権を相続する

内縁の配偶者や事実上の養親子は、法律上の配偶者や法律上の養親子ではないので、法的には他人です

(居住用建物の賃貸借の承継)第36条
居住の用に供する建物の賃借人が相続人なしに死亡した
場合において、その当時婚姻又は縁組の届出をしていないが、
建物の賃借人と事実上夫婦又は養親子と同様の関係にあった
同居者があるときは、その同居者は、建物の賃借人の
権利義務を承継する。
“居住用の建物に住むための賃借権を相続する” の詳細は »

相続手続きで預金や株式の請求

被相続人の預金口座は遺産分割協議が終了するまで凍結されるのが普通。

被相続人の預金口座は遺産分割協議が
終了するまで凍結されるのが普通です。

遺産分割が確定した後に被相続人名義の口座の
名義変更や解約手続きが必要となります。
“相続手続きで預金や株式の請求” の詳細は »