カテゴリー: だれだって初めてのとき相続はてんやわんらやだ

相続が開始したら相続する方法を選びましょう

相続が開始すると相続人は3ヶ月以内に相続の方法を決定しなければなりません。期間があるものもあるため、慎重に行いましょう。

人が亡くなると相続が開始します。
“相続が開始したら相続する方法を選びましょう” の詳細は »

相続税の申請に必要なものを挙げる

相続税がかからない財産は、墓地や墓石や香典、おおび花輪代金などです

申立てに必要な書類

申立書1通
被相続人の除籍謄本,改製原戸籍謄本
・相続人が配偶者・子・親の場合
“相続税の申請に必要なものを挙げる” の詳細は »

借金をみつけたらまずは相続の放棄を考える

そうぞくほうきとは遺産の相続を法的に放棄することをいいます。

相続放棄(相続ほうき)とは

・・・・相続人が遺産の相続を法的に放棄すること
をいいます。
“借金をみつけたらまずは相続の放棄を考える” の詳細は »

法定されているから争いにならないのは相続分の内訳

内縁関係の人の相続は認められていませんが、その子供(=非嫡出子)は、第1順位の相続権が認められています。

イ 配偶者と子供が相続人である場合
配偶者1/2 子供(2人以上のときは全員で)1/2

ロ 配偶者と直系尊属が相続人である場合
配偶者2/3 直系尊属(2人以上のときは全員で)1/3
“法定されているから争いにならないのは相続分の内訳” の詳細は »

相続の放棄をしてももらえるもの がある

遺族が相続放棄をしたとしても、死亡退職金は受け取ることができる場合もあります

相続を放棄したら何も受け取ることができない?
実はそうではないのです。

遺産には属さない形見分けの品、祭祀の承継者なら墳墓、仏壇、位牌、系譜、祭具などは、
相続放棄しても引き継ぐことができます。

その他にも死亡退職金、生命保険金、損害賠償金などを受け取れることもあります。
“相続の放棄をしてももらえるもの がある” の詳細は »

 

相続の遺産分割後の手続きはお早めにすることだ

遺産分割の協議後にまとまった事柄は、手続きがなされなければ相続が履行されません。

遺産分割の協議後にまとまったことがらを
手続きをしなければ相続が履行されません。

家や土地の不動産は所有権の移転登記が必要です。
また動産は引き渡しなどの処理が必要です。
金融機関の預金や株式については名義変更が必要です。
“相続の遺産分割後の手続きはお早めにすることだ” の詳細は »

ほとんどの人が知らないのが相続での損害賠償などの手続き

被雇用者が死亡しても、退職にあたるとされれば請求権が遺産として計算されます。

被雇用者が死亡しても退職にあたるとされれば
請求権が遺産にカウントされます。
また退職慰労金や年金としてもらえる場合もあります。

判例では、死亡退職金や各年金法などで給付される
遺族給付について、民法の相続人とは範囲・順位が
異なって定められている場合は、相続財産には
ならないとしています。(最判昭55年11月27日)
“ほとんどの人が知らないのが相続での損害賠償などの手続き” の詳細は »

 

保険金の種類と相続のことをリンクさせる

相続に関するものに保険の請求がありますが、まずは被相続人がどんな保険に入っていたのかどうかが重要。

相続に関するものに保険の請求がありますが
まずは被相続人がどんな保険に入っていたのかどうかが
重要です。
“保険金の種類と相続のことをリンクさせる” の詳細は »