ほとんどの人が知らないのが相続での損害賠償などの手続き

被雇用者が死亡しても退職にあたるとされれば
請求権が遺産にカウントされます。
また退職慰労金や年金としてもらえる場合もあります。

判例では、死亡退職金や各年金法などで給付される
遺族給付について、民法の相続人とは範囲・順位が
異なって定められている場合は、相続財産には
ならないとしています。(最判昭55年11月27日)

また交通事故などで死亡した場合にその直後から
相続が開始されることがあります。

死亡時の傷害保険金は、受取人の固有の財産であり
相続財産ではありません。
たとえ受取人が相続人の1人であっても、
相続とは別に取得できるものであり、相続財産として
遺産分割の対象なりません。
相続財産ではないので、他に相続人がいたとしても
遺留分の減殺請求権を受けることもありません。
遺産分割で特別受益となることもありません。

この場合遺産については損害賠償請求権が
かかわってきます。
事故による損害賠償請求権は相続が開始された時点で
賠償の金額なども未定ですから分割協議で相続人同士で
決められる必要があります。

交通事故などでは慰謝料として支給される場合もあります。

請求の相手は保険会社ではなく加害者になります。
交通事故などの場合は保険会社への加害者請求も
認められています。

相続が横浜で起きたら相談に行く場所
不法行為による損害賠償請求は損害と加害者を知った日から
3年以内でなければ時効として消滅してしまいます。債権も相続の対象です。
www.souzoku-shien.net

«
»
 

トラックバック URL

コメントを書き込む