相続の放棄をしてももらえるもの がある

相続を放棄したら何も受け取ることができない?
実はそうではないのです。

遺産には属さない形見分けの品、祭祀の承継者なら墳墓、仏壇、位牌、系譜、祭具などは、
相続放棄しても引き継ぐことができます。

その他にも死亡退職金、生命保険金、損害賠償金などを受け取れることもあります。

退職金は通常働いていた人のものです。
ただし、在職中に無くなった場合、
会社の規定によっては、本人に支払うはずだった退職金を、遺族に対する弔慰金として支払う会社もあります。

この場合、遺族が相続放棄をしたとしても、死亡退職金は受け取ることができます。
これは遺産ではなく、遺族に直接支払われるものとされるからです。

遺族年金も同様です。
生命保険は受取人がカギとなります。
被相続人が契約をした生命保険の受取人が本人の場合は、保険金は遺産に算入されて、
相続放棄した者はもらえません。
ただし、受取人に妻や子が指定されていれば、保険金請求権はその個人の
財産であるので、相続放棄しても保険金を請求し受け取ることができます。

生命保険金を相続で受け取った場合には、法定相続人1人につき500万円の非課税枠があります。
生命保険を活用した相続対策は納税資金対策として最も利用され、かつ最も
節税効果がある非常に有効な方法です。
相続税の納付がある場合で、納税額の用意ができそうもない場合には非課税限度額を利用して相続人を受取人と
した生命保険に加入するのもいいでしょう。

終身保険については保障が生涯続き、解約した場合にも解約返戻金がありますので
保障機能と貯蓄機能を双方持ち合わせた保険として納税資金対策に使うこともできます。

«
»
 

トラックバック URL

コメントを書き込む