借金をみつけたらまずは相続の放棄を考える

相続放棄(相続ほうき)とは

・・・・相続人が遺産の相続を法的に放棄すること
をいいます。

放棄の理由は以下のようなときです。
★:被相続人の負債が多いため、マイナスが生じる

なお、3か月以内に限定承認又は相続放棄のどちらかを選択しなかった相続人は単純承認とみなされます。
・・・民法915条1項、921条2号

もし必要があれば家庭裁判所に期間の延長を申し出なければなりません。

(民法938条、家事審判法、非訟事件手続法)
相続の放棄をしようとする者は、その旨を被相続人の最後の住所を受け持つ家庭裁判所に申述しなければならない、
とされています。

相続の開始前には、放棄はできません。

相続放棄をした者は、初めから相続人とならなかったものとみなされます。

第915条
1.相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。

ただし、この期間は、利害関係人又は検察官の請求によって家庭裁判所において伸長することができる。
2.相続人は、相続の承認又は放棄をする前に、相続財産の調査をすることができる。

 

«
»
 

トラックバック URL

コメントを書き込む