相続が開始したら相続する方法を選びましょう

人が亡くなると相続が開始します。

そして、相続が開始した場合、その亡くなった人の相続人は、
下記の次の三つのうちのいずれかの方法を選択することができます。

まず、相続人が亡くなった方人の不動産の所有権や預貯金等の権利や、
借金等の義務を無限にすべて受け継ぐ単純承認という方法です。
何も手続きを取らないと法律上自動的にこの方法を選択したとみなします。

次に、相続人が亡くなった人の権利や義務を一切受け継がない相続放棄という方法です。
これは、多額の借金を残して亡くなった場合等に選択することが多いでしょう。
この方法は、期限がありますので行う際には注意が必要です。

最後に、亡くなった人の借金がどの程度あるか不明で、プラスの財産が残る可能性もある場合等に、
相続人が相続によって得た財産の限度で、亡くなった人の借金を受け継ぐ限定承認という方法です。
この手続きは、複雑で時間もかかるため、あまり利用されていないのが現実です。

相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内に、
単純承認、限定承認又は相続放棄のどれかを選択し手続きをしなければなりません。

しかし、3ヶ月以内に相続人が相続財産の状況を調査してもなお、
単純承認、限定承認又は相続放棄のいずれをするか決定できない場合には、
相続人は家庭裁判所に3ヶ月の熟慮期間の機関の伸長の申立てをすることができます。

«
 

トラックバック URL