カテゴリー: 相続時の配偶者の法律上の地位について

配偶者への遺産分割は税金が安いのはうそだ

被相続人の配偶者と子が両方相続する場合、残された配偶者へ全財産を相続させることもあ。

被相続人の配偶者と子が両方相続する場合、
残された配偶者へ全財産を相続させることもあります。

一方の配偶者がなくなれば、子が相続することとなります。
もし被相続人が夫婦での財産を配偶者だけに残したいというのであれば遺言に
その内容を記載することで全財産を譲ることが可能です。
“配偶者への遺産分割は税金が安いのはうそだ” の詳細は »

居住用の建物に住むための賃借権を相続する

内縁の配偶者や事実上の養親子は、法律上の配偶者や法律上の養親子ではないので、法的には他人です

(居住用建物の賃貸借の承継)第36条
居住の用に供する建物の賃借人が相続人なしに死亡した
場合において、その当時婚姻又は縁組の届出をしていないが、
建物の賃借人と事実上夫婦又は養親子と同様の関係にあった
同居者があるときは、その同居者は、建物の賃借人の
権利義務を承継する。
“居住用の建物に住むための賃借権を相続する” の詳細は »