配偶者への遺産分割は税金が安いのはうそだ

被相続人の配偶者と子が両方相続する場合、
残された配偶者へ全財産を相続させることもあります。

一方の配偶者がなくなれば、子が相続することとなります。
もし被相続人が夫婦での財産を配偶者だけに残したいというのであれば遺言に
その内容を記載することで全財産を譲ることが可能です。

第963条 遺言者は、遺言をする時において
その能力を有しなければならない。
(包括遺贈及び特定遺贈)第964条
遺言者は、包括又は特定の名義で、その財産の全部又は
一部を処分することができる。ただし、遺留分に関する
規定に違反することができない。

家業の会社を相続する場合には、
株式や債券のようなものは遺産分割協議以前に
相続により相続分に従って分割されます。

だれが会社の経営権を握るかということは
重要なポイントなのできちんと家庭裁判所の
判断をもらっておくべきポイントでしょう。

商店などを相続する場合には他の相続人に対して
代償金を支払って遺産分割を
審判を得ることもできます。

農家の場合も遺産分割が円滑にいかない場合は
家庭裁判所の調停か審判をしてもらいます。

第907条
1.共同相続人は、次条の規定により被相続人が遺言で
禁じた場合を除き、いつでも、その協議で、遺産の分割を
することができる。
2.遺産の分割について、共同相続人間に協議が調わないとき、
又は協議をすることができないときは、各共同相続人は、
その分割をw:家庭裁判所に請求することができる。
3.前項の場合において特別の事由があるときは、家庭裁判所は、
期間を定めて、遺産の全部又は一部について、
その分割を禁ずることができる。

«
 

トラックバック URL

コメントを書き込む